めっき

亜鉛めっき

亜鉛めっきとは

英語表記:Zinc Plating

亜鉛めっき(Zn)は、代表的な防錆めっきとして広範囲な分野に活用されています。

一般的に電気亜鉛めっきは、めっき後クロメート処理をします。クロメート処理をすることで防錆効果を高め、変色も抑えることができます。

また、6価クロムを使ったクロメートは、皮膜に6価クロムが含有するため、RoHS指令に対応することができません。そこで、3価クロムのクロメート処理が現在の主流になっております。

当社の亜鉛めっき後のクロメートは、全て3価クロムのクロメートとなっております。当社では、アルミニウム素材上に亜鉛めっき〜クロメート処理することができます。

シルベックの亜鉛めっきの特徴

  1. アルミニウムに亜鉛めっきが可能です。
  2. 当社では、ウィスカの発生がジンケート浴より少ないシアン浴の亜鉛めっき液を使用しています。
  3. 3価黒クロメートで美麗な黒色外観を提供できます。
  4. 3価黒クロメート(外観重視仕様)で耐食性 JIS塩水噴霧96時間白錆発生なし
  5.  3価黒クロメート(耐食性重視仕様)で耐食性 JIS塩水噴霧144時間白錆発生なし

  6. 3価クロメートで耐食性 JIS塩水噴霧240時間白錆発生なし
  7. 亜鉛めっき+クロメート全てRoHS指令対応です。
  8. 工法:バレルめっき(回転めっき)、治具

シルベック事例・用途

  • 工作機械用コネクターハウジング(ADC12,ZDC2材)への亜鉛めっき+黒クロメート
  • 機械パーツ(ADC12)への亜鉛めっき+クロメート

適応素材

  • アルミニウムダイカスト、ロストワックス用アルミニウム、A1000系、A5000系、A6000系アルミニウム
  • 亜鉛ダイカスト

めっき加工対応工場

八潮/埼玉  ○対応可能
チョンブリ/タイ ×対応不可

亜鉛めっき耐食性SSTデータ

クロメート
(3価クロム系)
JIS H8610
(白錆発生)
シルベック
(白錆発生)
外観
クロメート 72h 240h イエロー系・干渉色
黒クロメート
(外観重視)
記載なし 96h 真っ黒
黒クロメート
(耐食性重視)
96h 144h わずかに青みがある黒

*母材「鉄」の赤錆発生時間は、亜鉛めっきの膜厚による。

おすすめ記事

-めっき
-

© 2020 めっきand表面処理技術サイト