めっき

3価クロムめっき

3価クロムめっき

3価クロムめっきとは

美麗な白色光沢外観と、高い耐食性、表面硬度などの優れた性能により、自動車部品や電気製品、建築金物などに広く採用されてきたクロムメッキは、治具セットが必要なメッキであり、コストと生産性が必ずしも有利であるとは言えない処理でした。

また、メッキ工程内で環境負荷の大きな6価クロム化合物を使用することから、グリーン調達を推進されているメーカー様などには、最近では敬遠されることもあります。

そこで、これらの問題を解決するために、従来困難とされている3価クロムメッキのバレルメッキを、シルベックが可能にしました。

3価クロムめっきの特徴

  1. 外観は6価クロムめっきに近い白色外観ですが、比べるとわずかに6価クロムの方が青白く、3価クロムの方が黒っぽく見えます。
  2. 下地ニッケルめっきの外観が3価クロムめっき後の外観に直接反映される。例えば、バフ研磨を施した製品の光沢ニッケルめっきにクロムめっきをすると鏡面仕上げのような光沢外観を得ることができます。同様に、素材にバフ研磨をしてもベロアニッケルめっきにクロムめっきをするとベロアのマット感がそのままでる外観となります。
  3. RoHS指令対応です。
  4. 均一電着性がよく、電気の届きにくい形状部分にも3価クロムめっきがつき回ります。
  5. バレルめっき(回転めっき)が出来ます。
  6. 工法:バレルめっき(回転めっき)、治具使用(静止めっき)

3価クロムめっき

シルベック事例・用途

  • 自動車キーレスエントリーZDC部品へのバフ研磨クロムめっき
  • コネクタシェル(ADC素材)へ装飾と耐食性目的でのクロムめっき
  • カメラ部品(真鍮、ZDC素材)への装飾目的のクロムめっき
  • カメラレンズ部品(アルミ素材)への硬度確保と耐食性目的のクロムめっき

適応素材

下地めっきにニッケルめっきをするため、素材を選ばず可能です。

  • ニッケルめっき品

めっき加工対応工場

八潮/埼玉 ○対応可能
チョンブリ/タイ ○対応可能

3価クロムめっきと6価クロムめっきの皮膜性能比較表

  3価クロムめっき 6価クロムめっき
皮膜成分 Cr:91.3% C:2.7% O:2.0% S:4.0% Cr:97.6% C:1.7% O:0.7%
析出皮膜状態 マイクロポーラス マイクロクラック
皮膜硬度 900~1200Hv(クロム皮膜のみ) 750~1000Hv(クロム皮膜のみ)
皮膜厚み 0.15μm(厚付け不可能) 0.15μm以上(厚付け可能)
析出速度 遅い(コスト高要因) 速い
耐食性 下地が同じ条件の場合は6価クロムのほうが優れている
耐熱性 3価クロム、6価クロムとも同等
耐薬品性 3価クロム、6価クロムとも同等
内部応力 20 N/mm2 1000 N/mm2
色調 白色の金属光沢 やや青味のある白色金属光沢
つき回り 良好(バレルメッキ可能) 悪い
RoHS指令 3価クロム、6価クロム共に対応:金属クロム(0価)のため

-めっき
-, ,

© 2020 めっきand表面処理技術サイト