めっき

ソルダブルニッケルめっき

ソルダブルニッケルめっき

電気ニッケルメッキ皮膜にハンダ付け

ソルダブルニッケルめっきは、錫めっき同等のはんだ濡れ性を持つ電気ニッケルめっきです。。

ソルダブルニッケルメッキの特徴

  1. 電気ニッケルめっきでスズめっきに限りなく近いはんだ濡れ性を実現
  2. ニッケルめっきであるため、ウィスカの発生なし
  3. コストダウンに有効(スズめっき、はんだめっき、銀めっき等から仕様変更VA提案)
  4. 外観や表面硬さとはんだ付け性を両立
  5. 形状によりバレルめっき、治具(引っ掛け)めっきから選択可能

RoHS指令、REACH規制対応メッキ

ソルダブルニッケルめっきには、はんだ濡れ性を向上させる添加剤は一切使用しておりません。液成分である硫酸ニッケル、塩化ニッケル、ほう酸と光沢剤(市販され一般に広く使われているものと同等品)のみを使用しており、RoHS指令、REACH規制に抵触するような物質は一切使用しておりません。

多くの採用実績

ソルダブルニッケルめっき

シルベックのはんだ付け対応のニッケルめっき(ソルダブルニッケル)は、すでにコネクタ関係のはんだ付けを行う部品やプリント基板へのノンフラックスでの基板実装部品など、多くの採用実績がございます。

ソルダブルニッケルめっき はんだ濡れ性データ

測定条件

測定日 2018年 11月 28日 測定依頼先
測定レンジ 5 mN
サンプル形状 10 × 3 ×0.3 mm 銅製板 設定温度 245 °C
浸漬時間 10 sec
浸漬速度 5 mm/sec
浸漬深さ 3 mm
使用はんだ 鉛レスはんだ(錫-銀-銅系) フラックス R(非活性)タイプ

測定結果

  光沢スズめっき ソルダブルニッケルめっき
処理後 1日 1週間 1ヵ月 1日 1ヵ月 半年 1年
T0 0.91 0.96 0.94 0.87 0.95 0.98 0.89
T1 3.04 3.56 0.20 0.24 0.24 0.31 0.22
2/3F 1.33 1.43 1.29 1.24 1.15 1.17 1.25
Fmax 2.00 2.15 1.93 1.87 1.71 1.76 1.88
Fend 1.95 2.08 1.83 1.86 1.71 1.74 1.88

上表の通り、当社ソルダブルニッケルめっきは、光沢錫めっきと比較してT0(ゼロクロスタイム)がほぼ同等であり、はんだ濡れ性に 優れているめっきであると判断します。

ソルダブルニッケルめっき

ソルダブルニッケルめっき

ソルダブルニッケルめっき

ソルダブルニッケルめっき

ソルダブルニッケル・スズめっきの比較表

  ソルダブル
ニッケルめっき
スズめっき 中,高リン
無電解ニッケルめっき
ハンダ濡れ性 ×
ウィスカ
コスト
皮膜硬さ
延展性
電気接触抵抗
寸法均一性
経時変化による
ハンダ濡れ性評価
×

*ソルダブルニッケルの経時変化によるハンダ濡れ性評価の実績として、ビニル保管で1年後のハンダ濡れ性評価ではスズ同等で全く性能が落ちていなかった。

しかし、わざわざ保管状態を悪くして酸化被膜を作るようにした場合の評価は未評価であるため不明。

サンプルを差し上げます

ご希望の方にははんだ濡れ性評価のためのソルダブルニッケルメッキサンプルを差し上げます。メール、FAXにて、お客様情報及び案件の情報をお知らせ下さい。ご郵送させて頂きます。

ソルダブルニッケルめっき

はんだ濡れ性を評価するソルダーチェッカー用のサンプル

おすすめ記事

-めっき
-,

© 2020 めっきand表面処理技術サイト