めっき

抗菌めっき

抗菌めっき

抗菌めっき

抗菌めっき(Antibacterial Plating)とは、菌の増殖を抑制するための金属表面をめっき技術で作ることです。

抗菌性の高い金属

一般的に、銀や銅は抗菌性が高いことが有名ですが、他にも亜鉛や、ニッケル、コバルトなども高い抗菌性を持っている金属です。

様々な製品に、抗菌性の高い金属をめっきすることで、抗菌性の高い金属表面になります。

しかし、製品にするには各金属の様々な特性により、作りたい製品に有効な金属のめっきであるかが変わります。

当社の「抗菌めっき」について

抗菌性の高いと思われる、4種類のめっき種で試験片を作り、正式な評価機関でJIS Z 2801にもとづく試験をしてみました。

試験菌は、黄色ブドウ球菌、無加工試験片としてポリエチレンフィルムを使用しました。

結果は、4種類のめっき試験片の全てが抗菌活性値2.0以上でした。
抗菌活性値2.0以上である場合、その製品に抗菌効果があると規定されています。

4種類のめっき種全てに抗菌性は確認されましたが、効果の特別高いめっき種(抗菌活性値5.0以上)なども理解しております。

試験機関での検査データはルール上掲載できないこととなっております。

個別に当社へお問合せ頂けますようお願い致します。

「抗ウィルスめっき」について

抗菌(Antibacterial)と抗ウィルス(Antivirus)は区別が必要です。

製品上の特定ウィルスの数を減少させることを抗ウィルスと言います。

当社の「抗ウィルスめっき」の抗ウィルス効果は正式な試験機関に試験片を作り提出済みです。

試験ウィルスとしてインフルエンザA型での試験をする予定になっておりますが、現在試験の順番を待っている最中であります。

2021年3月には試験の順番が回ってくる予定です。

抗菌とは

抗菌とは、菌を増殖させず抑制することを言います。

菌を一時的に死滅させる殺菌や除去する除菌とは区別されます。

抗菌効果の測定方法

JIS Z 2801に基づいて試験することで効果を測定します。

「JIS Z 2801抗菌加工製品−抗菌性試験方法・抗菌効果」では、「製品の表面における最近の増殖を抑制する状態」と定義されています。

これにカビや酵母などの真菌類は含まれません。

抗菌加工製品の定義

表面の細菌を増殖させない様に加工されている製品を抗菌加工製品と言います。

JIS(日本工業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、最近の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2.0以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定しています。

JIS Z 2801抗菌性試験方法・抗菌効果

  1. シャーレ内の試験片(5cm×5cm)に試験菌液0.4mlを滴下し、フィルムをかぶせ、シャーレの蓋をします。
  2. シャーレを35℃、90%RH以上で24時間培養します。
  3. SCDLP培地10mlを加えて、フィルムと試験片から試験菌を洗い出し洗い出し液中の菌数を寒天平板培養法により測定します。
  4. 下記の式に従い抗菌活性値を算出します。
    抗菌活性値=log(無加工試料1㎠当たり・培養後性菌数)− log(加工試料1㎠当たり・培養後性菌数)

ポイント

【抗菌効果】 抗菌活性値 ≧ 2.0

PDFダウンロード

印刷可能なPDFをご希望の方はお問合せページからお申し込みください。

-めっき
-

© 2020 めっきand表面処理技術サイト