めっき 表面処理の技術紹介

アルミダイカストADC12の腐食対策:防錆目的表面処理

アルミダイカストADC12の腐食対策:防錆目的表面処理

アルミダイカストADC12の腐食対策:防錆目的表面処理

シルベックは、アルミダイカストADC12への防錆処理において多くのノウハウを有し、オリジナル技術でのご提供も可能です。

アルミダイカストADC12材の耐食性と表面処理について

アルミダイカストADC12材は、鋳造性、機械的特性及び被削性が良く、アルミダイカスト合金別の生産比率では90%以上を占める最も多く使用されているアルミダイカスト材です。

しかし、耐食性はアルミダイカスト材の中でも劣るほうであり、使用用途によっては防錆処理をする必要が生じます。

アルミダイカストADC12の防錆処理として代表的な処理は、下記の4種類が挙げられます。

  1. めっき
  2. アルマイト
  3. 化成処理(三価クロメート処理)
  4. カチオン電着塗装

ADC12と各種表面処理の防錆効果について

1.めっき

ADC12のめっき性は悪くありません。

ADC12にめっきする場合、一般的に、下地めっきとして銅めっきかニッケルめっきをします。

ニッケルめっきをダイレクトに処理してそのまま使う場合も多々ありますが、銅めっき、またはニッケルめっきの上には、用途に合わせて様々なめっきの選定が可能です。

トータル膜厚25μm程度でJIS塩水噴霧試験500時間白錆発生なしの「アルオンクロムめっき」や黒色が欲しい場合などには亜鉛めっき+黒クロメートなどをする場合もあります。

当社で行われている、ADC12へのめっき種類

*全てRoHS指令対応めっきです。

2.アルマイト

ADC12は、銅(Cu)1.5〜3.5%、ケイ素(Si)9.6〜12%と多く添加されたアルミダイカスト種である。

また、ダイカスト特有の湯ジワやピンホール、部分的に合金比率が違うことなどにより、陽極酸化処理性(アルマイト性)が悪い材料であります。

通常、アルマイトによる耐食性は大変高いのですが、ADC12のアルマイトについては、一般的に耐食性はあまり良くありません。

当社タイ工場では、ダイカスト専用アルマイトラインがあり、オリジナル技術のアルミダイカストADC12の高耐食性アルマイト「HiCアノダイズ」が可能です。

HiCアノダイズの詳細ページへ

アルミダイカスト製品のめっき・表面処理による価値向上
アルミダイカスト(ADC12)の高耐食アルマイト処理/HiCアノダイズ

1.アルミダイカストADC12材へのアルマイトについて 当社タイ工場(THAI SILVEC CO.,LTD)には、アルミダイカスト専用アルマイトラインがあります。 アルミダイカストの特性を理解した専 ...

アルミ材料別 JIS塩水噴霧試験結果

No. 材料 膜厚(µm) スペック 48H 120H 240H 480H R.N Remark 判定
1 A6061 10 普通アルマイト - - - ✔︎ 10 白錆発生なし OK
2 A6061 20 普通アルマイト - - - ✔︎ 10 白錆発生なし OK
3 A1050 10 普通アルマイト - - - ✔︎ 10 白錆発生なし OK
4 A1050 20 普通アルマイト - - - ✔︎ 10 白錆発生なし OK
5 A5052 10 普通アルマイト - - - ✔︎ 10 白錆発生なし OK
6 A5052 20 普通アルマイト - - - ✔︎ 10 白錆発生なし OK
7 ADC12 5 HiCアノダイズ ✔︎ - - - 9.5 巣穴に若干の腐食が確認できる OK
8 ADC12 5 HiCアノダイズ - ✔︎ - - 9.3 巣穴に1~2mmの腐食有 OK
9 ADC12 5 HiCアノダイズ - - ✔︎ - 9.5 120Hと腐食の程度はほぼ変わらない OK
10 ADC12 5 普通アルマイト ✔︎ - - - 7 巣穴に腐食が発生 NG
11 ADC12 5 普通アルマイト - ✔︎ - - × 全体的に腐食が発生 NG
12 ADC12 5 普通アルマイト - - ✔︎ - × 激しい腐食 NG
アルミダイカスト製品のめっき・表面処理による価値向上

画像左上から下に1、2、3、右上から4、5、6、

アルミダイカスト製品のめっき・表面処理による価値向上

画像左上から下に 7、8、9、右上から10、11、12、

3.ADC12化成処理

三価クロム系

ADC12への化成処理は、直接ADC12の表面に化学的に反応させて化成被膜を析出させます。

六価クロム系の化成処理(アロジン処理など)は、被膜に六価クロムが含有するためRoHS指令に対応できませんが、この三価クロム系の化成処理は、RoHS指令に対応します。

当社実績として、流動しているADC12材への三価クロム系化成処理(アロジン代替え)による耐食性は、JIS塩水噴霧試験72h R.N9.8をクリアします。

アルミダイカストADC12の腐食対策:防錆目的表面処理

アルミダイカストADC12の腐食対策:防錆目的表面処理

ノンクロム化成処理(ジルコニウム系)

完全クロムフリー要求の場合には、このジルコニウム系の化成処理をお勧めしています。

三価クロム系化成処理と比較すると耐食性は落ちますが、塗装下地としてよく採用されます。

アルミ化成処理(3価クロム系、ジルコニウム系)詳細ページへ

アルミ化成処理(3価クロム系、ジルコニウム系)

アルミ化成処理とは RoHS指令対応用のアルミ化成処理です。 アルミ化成処理とは、化学反応によりアルミニウムに防錆効果の高い皮膜を析出させる技術です。 その化成皮膜は、耐食性が高く、塗膜密着性向上+塗 ...

4.カチオン電着塗装

水溶性の電着塗料に製品を浸漬させてマイナス極として電流を流し塗料を付着させる塗装になります。

塗膜の特徴は、

  • 複雑形状でも塗装ムラが少ない
  • 塗膜厚みが比較的均一
  • ピンホールの発生があまり無い
  • 塗膜密着性が高い

このような塗膜のため、大変耐食性に優れた塗装になります。

水溶性塗料のため、VOCの発生が少なく環境に優しい塗装方法です。

アルミダイカストADC12の腐食対策:防錆目的表面処理

関連するめっき・表面処理

アルオンめっき(アルミへの高耐食性めっき)

アルミダイカスト(ADC12)にアルオンクロムしてカシメした画像。 塩水噴霧試験500時間 白錆発生なし アルオンめっきとは アルミニウムへ10~30μmのめっきで高耐食性と軽量化を実現。最上層皮膜に ...

アルミ化成処理(3価クロム系、ジルコニウム系)

アルミ化成処理とは RoHS指令対応用のアルミ化成処理です。 アルミ化成処理とは、化学反応によりアルミニウムに防錆効果の高い皮膜を析出させる技術です。 その化成皮膜は、耐食性が高く、塗膜密着性向上+塗 ...

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきとは RoHS指令対応-鉛フリー・中リンタイプ無電解ニッケルメッキ 無電解ニッケルメッキとは、電気を使わない化学的な還元作用によりメッキする方法です。 電気的な特性が影響せず、均一 ...

-めっき, 表面処理の技術紹介
-, , ,

© 2020 めっきand表面処理技術サイト