めっき

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきとは

RoHS指令対応-鉛フリー・中リンタイプ無電解ニッケルメッキ

無電解ニッケルメッキとは、電気を使わない化学的な還元作用によりメッキする方法です。

電気的な特性が影響せず、均一なメッキ皮膜で覆われるため、寸法精度の高いメッキが可能です。

また、皮膜特性も電気ニッケルメッキとは違うので、目的により無電解ニッケルと電気ニッケルを選択することをお勧め致します。

無電解ニッケルめっきの特徴

  1. 製品形状を問わずメッキ膜厚が均一であるため、寸法精度(5~10%誤差)の高い品質要求に対応できる。
  2. 鉛フリーでRoHS指令に対応している。
  3. 耐食性、耐摩耗性が電気ニッケルメッキより優れている。
  4. 摩擦抵抗が電気ニッケルメッキより低い。

シルベック事例・用途

  • 自動車部品への装飾、防食、性能を付加(筒状の内径が重要)
  • 自動車部品へ寸法精度と硬度確保(めっき後に熱処理でHV900以上)
  • アルミダイカスト電磁波シールド板の接触抵抗値の安定
  • 機械部品の防食と寸法精度

適応素材

  • 各種アルミニウム
  • 下地銅めっき品

めっき加工対応工場

八潮/埼玉  ○対応可能
チョンブリ/タイ ○対応可能

無電解ニッケルめっき

ニッケルめっき比較表

めっき種 無電解ニッケル(Ni-P)
(中リンタイプ)
電気ニッケル
(光沢ニッケル)
ソルダブルニッケル
組成
(Pbフリー)
Ni:90〜95%
P:5〜10%
Ni:95〜99.9%
その他は添加剤成分
Ni:95〜99.9%
その他は添加剤成分
融点 890℃ 1450℃ 1450℃
硬度 HV450〜550 HV400〜500 HV400〜500
磁性 磁性〜非磁性 強磁性 強磁性
電気抵抗 60μΩ/cm 8〜9μΩ/cm 8〜9μΩ/cm
均一析出性 ±5%以下 不定
(形状に左右される)
不定
(形状に左右される)
はんだ濡れ性 劣る 浴種により異なる スズ同等に良い
耐食性 電気Niより優れている Ni-Pより劣る Ni-Pより劣る
コスト比 1.1〜1.6 1.03

-めっき
-,

© 2020 めっきand表面処理技術サイト