めっき

黒ニッケルめっき(スズSn系)

更新日:

黒ニッケルめっき(スズ系)とは

当社の黒ニッケルめっきは、ニッケルとスズ(Sn)の合金めっきです。黒ニッケル皮膜は装飾目的で採用されることが多く、亜鉛系黒ニッケルと比べると耐変色性が圧倒的に優れています。

黒ニッケル皮膜は薄いため、下地めっきに電気ニッケルめっきか、無電解ニッケルめっきをして黒ニッケルめっきをします。外観はガンメタ色(濃いグレー長)になります。

黒ニッケルめっき(スズ系)の特徴

  1. 光沢外観は下地のニッケル光沢による
  2. 黒ニッケルのみの膜厚は0.5μm程度
  3. 工法は治具使用(静止めっき)、バレルめっき(回転めっき)ともに可能

シルベック事例・用途

  • 鉄、アルミ、ステンレス素材の光学部品のフィニッシュ
  • 釣り針のフィニッシュ

適応素材

  • ニッケルめっき品、無電解ニッケルめっき品

めっき加工対応工場

八潮/埼玉  ○協力会社で対応可能
チョンブリ/タイ ○対応可能

おすすめ記事

-めっき
-

Copyright© めっきand表面処理技術サイト , 2020 All Rights Reserved.