表面処理の技術記事

3分でわかる!クロムめっきとクロメートの違い

クロムめっきとクロメート処理の違いをまとめました。

クロムめっきとクロメートの違い

混同されやすい「クロムめっき」と「クロメート処理」の違いをまとめました。
めっきは金属で素材を覆う技術、クロメート処理は化成処理です。

クロムめっきとクロメートの比較

クロムめっき クロメート
皮膜厚み 用途によって異なる
装飾用6価クロムめっき:0.25μm以上
装飾用3価クロムめっき:0.15μm程度
工業用6価クロムめっき:5μm~500μm
6価クロメート:0.3μm程度
3価クロメート:0.1μm未満
用途 装飾、防錆、硬度 耐食性向上
外観

6価クロムめっきと6価クロメート

「クロメート」は6価のクロム化合物を主成分とする処理液を用いた化成処理ですが、本
記事では、「3価クロム化合物による化成処理」と区別するため「6価クロメート」と表
記しています。6価クロメートは皮膜に有害な6価クロムを含んでいます。

6価クロムめっき 6価クロメート
皮膜 金属 化成処理皮膜
6価クロム 含まない 含んでいる
RoHS指令 不可

ポイント

6価クロムめっきの皮膜はRoHS指令に対応しています。
シルベックでは6価クロメートの取り扱いはありません

3価クロムめっきと3価クロメート

3価クロムめっき 3価クロメート
皮膜 金属 化成処理皮膜
6価クロム 含まない 含まない
RoHS指令

ポイント

3価クロムめっき、3価クロメートは共にRoHS指令に対応できます。
当社であれば亜鉛めっき上へはもちろんのことアルミダイカスト、亜鉛ダイカストへの直接3価クロメート処理(化成処理)が可能です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください

3価クロムと6価クロムとは - めっきand表面処理技術サイト (mekkikakou.com)

3価クロムめっき - めっきand表面処理技術サイト (mekkikakou.com)

アルミ化成処理(3価クロム系、ジルコニウム系) - めっきand表面処理技術サイト (mekkikakou.com)

ZDCダイレクトクロメート(亜鉛ダイカスト耐食性向上) - めっきand表面処理技術サイト (mekkikakou.com)

-表面処理の技術記事

© 2022 めっきand表面処理技術サイト