FAQ アルマイト

FAQ アルマイト

FAQ アルマイト

アルマイトに関するよくある質問をまとめました。

アルマイト FAQ

Q:アルマイト(Almite)とアノダイジング( Anodizing)は同じ処理ですか?

A:同じです。日本語では、陽極酸化処理、英語でアノダイジング( Anodizing)、アルマイトは登録商標Almiteからから由来した言葉です。英語では、Anodic Oxide Coatingと表現される場合もあります。

Q:アルマイトはRoHS指令に対応していますか?

A:対応しています。

Q:ADC12(アルミダイカスト材12種)にアルマイトが可能でしょうか?

A:可能です。タイシルベックでは、現在もADC12へのアルマイトを毎日処理しております。ADCに特化したラインもあります。

Q:ADC12にアルマイトしたら、茶褐色に変色してしまいましたが、変色しないようにできませんか?

A:出来ません。ADC12はアルマイトすると自然発色してしまいます。ケイ素 (Si)が影響して発色と同時に湯流れによってはムラに見える仕上がりになることもございます。当社では、なるべくそうならない為の処理方法をとる事が可能ですが、完全ではありません。

Q:アルミダイカスト(ADC)をカラーアルマイトしたいのですが、可能でしょうか?

A:ADC12の場合は、黒色であれば対応可能です。ADC 5またはADC 6であればある程度の色を表現する事が可能です。当社では、現在ADC 6材にチタンゴールドカラーを処理しています。

Q:アルマイト処理で2色の色を表現することは可能でしょうか?

A :可能です。2色アルマイトと言って、一度アルマイトして全体を1色に仕上げます。
違う色を入れたい部分を再切削しアルミを剥き出してその部分だけにアルマイトして
別の色にする事が可能です。タイシルベックでは現在、黒と赤の2色アルマイトの処理を
しております。

Q:マスキングしてアルマイトすることは可能でしょうか?

A:可能です。加工寸法をそのまま残したい場合などマスキングによりアルマイト皮膜を生成させない事が可能です。当社では、マスキングにシリコンゴム、テープ、印刷、マスキング液などから選んでマスキングします。

Q:A2000系、A7000系のジュラルミン系アルミニウムにアルマイトは可能でしょうか?

A:可能です。当社では、2000系、7000系にもアルマイトしています。

Q:板の状態でアルマイトしてから板金、プレスなどの曲げ加工は可能でしょうか?

A:不可能です。アルミニウムは柔らかい金属で曲げ加工をしやすい金属ですが、アルマイトすることで表面が硬くなり曲げた部分が割れてしまいます。割れが認められれば可能です。

Q:硬質アルマイトの硬度を測りたいのですが何μmくらいあれば適切な硬度を得られて、測ることも可能でしょうか?

A:アルマイトの硬度は、5μmでも50μmでも硬さは変わりません。しかし、ビッカース硬度(Hv)を測る場合は、マイクロビッカースでも20μm以上の厚みが必要です。何故ならば、アルマイト皮膜の硬度は、アルマイト皮膜の断面に対して計測する為です。ビッカース硬度はダイヤモンドを落として付いた跡の大きさを測って硬度を決定いたします。アルマイト皮膜に20μm厚みがないとその断面にダイヤモンドを落とした跡の大きさを測る事ができない為です。

Q:アルマイトをすると光沢感が落ちてしまいます。光輝アルマイトは可能でしょうか?

A:可能です。アルマイトは、材質にもよりますが厚みを出すと光沢感が落ちてしまう事が多いです。当社では、アルマイト工程条件を光輝アルマイトにすることや、前処理として化学研磨工程を保有しているので、アルマイト前にこの工程を通す事で光輝アルマイトを提供
できます。

Q:つや消しのアルマイト外観が欲しいのですが可能でしょうか?

A:可能です。当社では、前処理として化学梨地工程を保有しているので、アルマイト前に
この工程を通す事でつや消しアルマイトを提供できます。

Q:筋目(ヘアライン、スピン、スクラッチ等)をつけたいのですが可能ですか?

A:可能です。製品形状や要求内容によっては、サプライヤーで処理することもあるかも
しれませんが、それぞれの御要求にお応えできます。

Q:硬質アルマイトで表面硬度を一番硬くできるアルミニウム材質はなんでしょうか?

A:A1000系やA5000系です。アルミニウム純度の高いものが硬い皮膜を得られます。
続いてはA6000系。ADC材の中であれば、ADC5、ADC6となります。

Q:RoHS、REACH、不使用証明書などの環境関連の証明書は発行できますか?

A:当社がお客様より環境関連のお問合せや証明書の依頼に対応させて戴いているものは以下の通りです。お気軽にお問い合わせください。

  • SDS
  • chemSHERPA CI
  • chemSHERPA AI
  • めっき皮膜精密分析データ(ICP等による水銀、鉛、カドミウム、六価クロム濃度分析データ)
  • RoHS指令、REACH規制への適合証明書
  • めっき、化成処理、アルマイトに使用する薬剤メーカー発行の使用申告書、または不使用証明書
  • 金、タンタル、タングステン、錫の紛争鉱物調査
  • お客様指定の化学物質リストに対する使用申告書、または不使用証明書

-FAQ, アルマイト

© 2021 めっきand表面処理技術サイト