アルマイト

アルマイト種

アルマイトとは

アルマイトとは、アルミニウム製品を陽極(+極)で電解処理してアルミの酸化皮膜を生成させる表面処理です。

アルミニウムは、空気中の酸素に触れることで薄い酸化皮膜を生成します。そのために耐食性の良い金属と言われておりますが、その皮膜は10Å(1ナノメートル)程度の非常に薄い皮膜なため、防食用保護皮膜としては使えず、環境によってはすぐに腐食してしまいます。

その為に、防食用保護膜としての表面処理が必要になってきます。その表面処理の一つとしてアルマイトがあります。

アルマイト種

アルマイト

アルミニウムを陽極として電気分解し酸化アルミニウムを生成させる処理です。耐食性が高く、アルミニウム表面硬度を高め、染色や着色できる等、アルミニウムの付加価値を高め様々な用途に使うことができるようになります。

アルマイト種を分類すると、主に以下の3種類に分けられます。

  1. 普通アルマイト:防錆や装飾、放熱、絶縁などを目的とします。
  2. 硬質アルマイト:皮膜硬度(硬くする)、耐摩耗性向上を目的とします。
  3. 機能アルマイト:①②以外の機能目的を持つアルマイト皮膜です。

当社では、アルミダイカストライン、硬質アルマイトライン、カラーアルマイトライン、小ロット&試作ラインと4ラインに分かれております。

普通アルマイト

当社の普通アルマイトは硫酸法で行います。皮膜が無色透明に近いので染色効果に優れています。染色しない場合は、限りなくアルミ色に近い外観で、ナチュラルと呼びます。

また、様々な染料で染色することにより金属感のある各色カラー外観を得ることができます。

アルミダイカスト合金10種、12種に関しては無色透明な皮膜ではなく、濃いグレーと茶色の混ざったような色に自然発色致します。ケイ素の影響によるためです。

よって、アルミダイカスト合金でも5種、6種などは中間色でも染色することが可能です。

当社では、普通アルマイト、硬質アルマイトのJISスペック、MILスペックに準拠した処理が可能です。

対応アルミ材料 展伸材1000系〜7000系・鋳物用合金ADC3,ADC5,ADC6,ADC7,ADC10,ADC12,HT-1,AC7C,AC4C等
色調 ナチュラル、ブラック、ゴールド、レッド、ブルー、グレー、ブラウン、ブロンズ、他
工法 治具
皮膜硬度 例)A1100でHV250前後(材質により変化)
寸法増加 膜厚×約1/3(10μmの場合、3〜4μm増加)
可能予備処理 化学研磨、化学梨地、バフ研磨、サンドブラスト、ヘアライン(処理により寸法変化量が違う)
標準膜厚 指定膜厚に対応、または使用目的に対して提案可能

対応可能工場

八潮/日本 ○対応可能(外注:当社提携企業にて対応可能)
チョンブリ/タイ ○対応可能(内製:ダイカストラインとカラーリングライン有り)

アルマイト種
アルミダイカストADC12への普通アルマイト(自然発色します)

アルマイト種
A6063への普通アルマイト(カラーアルマイト)

アルマイト種
2色アルマイト(黒色と赤色をアルマイトで作る)

硬質アルマイト

アルミニウムに硬質アルマイトすることで耐摩耗性の高い皮膜を得ることができます。硬質アルマイトは、ダークカラーに自然発色し、膜厚が厚くなるにつれ濃く発色します。

例としてA5052やA6063材の時、普通アルマイト皮膜がHV200程度の皮膜硬度だとすると、その倍のHV450程度の皮膜硬度を得ることができます。ただしアルミ材質により得られる皮膜硬度は違います。

硬質アルマイトの仕様表

対応アルミ材料 展伸材1000系〜7000系・鋳物用合金ADC3,ADC5,ADC6,ADC7,ADC10,ADC12,HT-1,AC7C,AC4C等
色調 自然発色(膜厚、材料によりグレーブラウン系に自然変化)
工法 治具
皮膜硬度 HV250〜450またはそれ以上(材質による)
寸法増加 膜厚×約1/2(10μmの場合、5μm増加)
標準膜厚 指定膜厚に対応、または使用目的に対して提案可能(実製品でHV硬度測定には20μm以上必要)

素地アルミ材質と硬質アルマイト皮膜品質(JIS H 8603 硬質陽極酸化皮膜)

種類 材質 硬さ 耐摩耗性 皮膜重量 耐食性
平面摩耗 噴射摩耗 テーパー摩耗
1種 2種を除く展伸材 400以上 80以上 80以上 15.0以下 1100以上 336Hr
点食なし
2種 a 2000系展伸材 250以上 30以上 30以上 35.0以下 950以上 当事者間協定
b 7000系、5000系(Mg2%以上)展伸材 300以上 55以上 55以上 25.0以下 950以上 当事者間協定
3種 a Cu2%,Si8%未満の鋳物、ダイカスト 250以上 当事者協定 当事者協定 当事者協定 950以上 当事者協定
b aを除く鋳物、ダイカスト 当事者協定 当事者協定 当事者協定 当事者協定 当事者協定 当事者協定
備考 マイクロビッカース硬さ試験による。 数字は基準試験片の耐摩耗性と比較した比率(%)を示す。 数字は摩耗量(mg)平板回転摩耗とも言う mg/d㎡ 中性塩水噴霧試験による。
*展伸材とは、JISH4000,H4040,H4100,H4140に規定する圧延板、押出材、引抜き材

アルマイト種
A5052材への硬質アルマイト膜厚別の自然発色サンプル画像

アルマイト種
A6061材への硬質アルマイトと普通アルマイトの自然発色の違い
(左:硬質アルマイト、右:普通アルマイト)

対応可能工場

八潮/日本 ○対応可能(外注:当社提携企業にて対応可能)
チョンブリ/タイ ○対応可能(全自動硬質アルマイト専用ライン)

機能アルマイト(接着接合下地)

Coming Soon

アルミニウム材料とアルマイト処理性

合金番号 アルマイト処理の目的
防食 染色 光輝 耐摩耗
1080 A A A A
1070 A A A A
1050 A A A A
1100 A A A A
2011 C C D C
2014 C C D C
2017 C C D C
2024 C C D C
3003 A B C A
3004 A B C A
5005 A A B A
5052 A A B A
5056 A A C A
5083 A A C A
5N01 A A A A
6061 A A C A
6063 A A B A
6N01 A A C A
7075 B B C B
7N01 B B C B
AC1B C C D C
AC2A C D D C
AC3A B D D B
AC4B C D D C
AC4C B D D C
AC5A C C D C
AC7A A A B A
AC8A C D D C
AC9A C D D C
ADC1 C D D C
ADC3 B D D B
ADC5 A A B A
ADC6 A B B A
ADC10 C D D C
ADC12 C D D C
アルマイト処理性 A:優 B:良 C:可 D:困難

-アルマイト
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 めっきand表面処理技術サイト